将来的に不動産の価値はどうなっていくのか

日本では、空き家の問題が注目を集め始めていますよね。
人口が減少に転じて、空き家が増えてきている点が問題視されてきています。
不動産はあっても、そこに入ってくれる人がいないという問題は、今後ますます深刻化していくことでしょう。
少子高齢化のせいで、人口がさらに減少していくことはもはや避けられないのです。
そうなった際には、不動産の価格はどうなるのでしょうか。
将来のことなので断言はできませんが、不動産価格は下落していくのではないかと考えられています。
やはり入居してくれる人がいないと、どんどんと値段を下げていくしかないからです。
ある程度の下落は仕方ないと見るのが常識的な感覚ですね。
したがって、これから不動産に投資をしようというのであれば、そのリスクも込みで考えておかなければいけません。
今までは不動産は安定した資産だと言われてきたのですが、それは時代的な背景も関係していたせいです。
いつの時代も不動産に投資をしていれば儲かるわけではないのです。