独立開業も視野に入る不動産鑑定士という資格

法律系の資格は、どれも独立開業が狙えます。
弁護士はもちろん、税理士や司法書士も自分の事務所を持つことができる場合が多いです。
さらにそれよりも難易度が低いとされている行政書士でも、工夫をすれば自分の事務所を構えることができるのです。
不動産鑑定士も、そうした法律系国家資格の一種だと考えて問題はありません。
ですから、この資格でも独立開業は十分視野に入れられますね。
仕事をどれぐらい得られるかにもよりますが、年収はかなり高めになるのが普通です。
一般のサラリーマン以上の年収が確保できますから、資格が取れるなら取っておくに越したことはありません。
特に、国からの仕事が得られるかもしれない点が大きいですね。
国が国土の調査をするときには、多数の不動産鑑定士に仕事がばらまかれます。
それを取っていければ、大きな年収に繋げることもできるはずです。
試験の難易度は、弁護士ほどではありません。
努力をすればそれほど賢くない人でも合格はできることでしょう。